市バス209系統

日本国内の鉄道完乗を目指して旅行した記録をつづっています。

奈良交通 八木新宮線 その1

奈良交通の八木新宮線は奈良県橿原市と和歌山県新宮市を結ぶ路線バスです。高速道路を通らず、一般道のみを通る路線バスとしては日本一長い距離を走ります。走行距離は166.9キロ、起終点含めて167の停留所を、約6時間半かけて走ります。2月末にこの八木新宮線に乗車したのでご紹介します。八木新宮線は1日3便走っていますが、今回は八木駅9時15分発の第1便に乗車しました。赤字は停留所名です。

1 八木駅(やぎえき)

P1150249.jpg
八木新宮線の起点は奈良県橿原市の近鉄大和八木駅です。停留所名は「八木駅」で、南口のバス乗り場から発車します。この南口のロータリーは数年前に整備されたもので、以前は八木駅発着のバスは北口のバス乗り場を使用していました。八木新宮線も北口発着だったので、南口発着になった今は若干距離が短くなってしまったようです。

P1150247.jpg
待機するバスたち。真ん中の赤いラインのバスが八木新宮線に使用されている車両です。1992年に導入された日野自動車製のバスです。もう20年以上走っている古株です。一番奥のバスは関西空港行きのリムジンバス、2番目はイオンモールへの路線などに使われている一般的な路線バス、ちらっと顔をのぞかせている奥から4番目のバスは橿原市のコミュニティバス、一番手前は吉野方面への路線に使われている小型の路線バスです。

P1150260.jpg
発車の約5分前にバスが入ってきます。八木新宮線は2013年3月に運行開始50周年を迎えたので、それを記念するヘッドマークがついています。八木駅から乗車した乗客は20人弱で、2人がけの座席にだいたい1人ずつ座る程度です。特急となっていますが、五條バスセンターまでは各駅に停まりますという案内があります。

2 橿原市役所前(かしはらしやくしょまえ)
3 医大病院前(いだいびょういんまえ)


P1150265.jpg
2つ目の医大病院前で3人下車。奈良県立医科大学附属病院の最寄バス停です。駅から少々距離があるのでこの区間だけの利用も多いです。(写真は反対方向ゆきの乗り場)

八木駅から南へ進んできたバスは、この先の四条町交差点で西へ向きを変えて国道166号線を進んでいきます。(この辺りは国道24号、165号、166号などが入り組んでいて、どこが何号線なのか地図を見てもいまいちよくわかりません)

4 四条(しじょう)
5 五井(ごい)
6 忌部(いんべ)
7 国道曲川(こくどうまがりかわ)
8 アルル北(あるるきた)


アルル北停留所の南にはイオンモール橿原が広がっています。2004年に「ダイヤモンドシティ・アルル」として開業し、その後「イオンモール橿原アルル」「イオンモール橿原」と店舗名が変わり、アルルではなくなってしまいましたが、今でも地元民にはアルルと呼ばれています。停留所名もそのままです。八木駅からイオンモールの入口前まで入っていくバスが15分間隔で運行されています。

P1150266.jpg
アルル北を過ぎると橿原市から大和高田市へと入っていきます。写真は大和高田市に入ってすぐ右手に見える大和高田市クリーンセンターです。

9 今里東(いまざとひがし)
10 今里(いまざと)


P1150268.jpg
今里停留所を過ぎると高田高架橋でJR和歌山線をまたぎ越します。(写真に線路は写っていませんが)

11 片塩町(かたしおちょう)

片塩ロータリーで進路を南へ変え、この先国道24号線を五條へと向かっていきます。なお、片塩ロータリーというものの、ロータリー式交差点ではなく、一般的な交差点です。

12 高田市駅(たかだしえき)
13 栄町(さかえまち)
14 東中(ひがしなか)
15 曽大根(そおね)


曽大根停留所付近は八木新宮線も通る国道が大和高田市と葛城市に境界になっています。曽大根停留所を過ぎると葛城市に入ります。

16 新庄(しんじょう)
17 北花内(きたはなうち)
18 忍海(おしみ)


P1150270.jpg
忍海停留所には奈良交通葛城営業所が併設されています。八木新宮線もこの葛城営業所の担当です。(写真は一番後ろの窓から撮ったものです)

19 忍海駅(おしみえき)
20 御所元町(ごせもとまち)
21 近鉄御所駅(きんてつごせえき)


P1150272.jpg
御所元町停留所から御所市に入ったバスは近鉄御所駅の前を通ります。八木新宮線は八木駅、高田市駅、忍海駅、近鉄御所駅の4か所で近鉄電車と接続しています。

22 御所済生会病院前(ごせさいせいかいびょういんまえ)
23 御所橋(ごせばし)
24 御所幸町(ごせさいわいちょう)
25 宮戸橋(みやどばし)
26 寺田橋(てらだばし)


P1150276.jpg
(おそらく)金剛山の風景。この辺りは市街地も終わり、田んぼや畑が広がります。この先バスは風の森峠へ向かってだんだん上っていきます。

27 小殿(おどの)
28 鳥井戸(とりいど)
29 船路(ふなじ)
30 かもきみの湯(かもきみのゆ)
31 風の森(かぜのもり)


風の森峠の頂上地近くにあるのが風の森停留所。素敵な名前です。風の森峠は分水嶺にもなっており、峠の北側は大和川へ、南側は紀ノ川へ注ぎます。

32 東佐味(ひがしさみ)

P1150282.jpg
東佐味停留所までが御所市、小山停留所から五條市です。五條市に入ると建設中の京奈和自動車道の橋脚が見えます。

33 小山(こやま)
34 居伝町(いでんちょう)
35 住川(すがわ)
36 国道三在(こくどうさんざい)
37 宇野(うの)
38 上今井(かみいまい)


P1150287.jpg
五條市から先は国道24号線とJR和歌山線は並行しています。写真は信号待ちしているバスを追い越して行った和歌山方面ゆきの105系電車です。

39 栄山寺口(えいさんじぐち)
40 今井(いまい)
41 五條バスセンター(ごじょうばすせんたー)


P1150288.jpg
八木新宮線は所要時間6時間半の長距離路線なので、途中で3回の休憩があります。1回目の休憩がこの五條バスセンター。イオン五條店が併設されているし、少し離れたところに柿の葉寿司のお店があるので食料調達も可能ですが、休憩時間は約10分なので乗り遅れないように注意しなければなりません。なお、ここを逃すと終点まで食べ物は手に入らないと思っておいたほうがいいです。五條バスセンターで手に入るものは八木駅でも調達できるので、八木駅あらかじめ調達しておくのが無難かもしれません。

P1150298.jpg


その2へつづく


ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ぜひ乗りたいですね

初めまして。
時折拝見させていただいております。

日本一のバスは時間といい距離といい凄いですね^_^;
どこか安易な気持ちで乗ってはいけない雰囲気さえ感じてしまいます(笑)

でも、日本一好きとしてはぜひとも挑戦してみたいですね(^^)

詳細な情報ありがとうございます♪

Re: ぜひ乗りたいですね

じゃぱさん、コメントありがとうございます。

終点まで乗り通すとなるとやはり覚悟が必要ですが、途中までとか、途中下車しながら2日かけて終点目指すというのもいいかもしれません。新宮まで4回程度に分けてご紹介しますので、ご覧くださいね。

このバスに乗ったことを両親に言ったら、「乗ったことあるよ」と返されました。八木駅から医大病院までの2区間だけだそうですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://junkan209.blog.fc2.com/tb.php/20-f7d5f51b

 | HOME | 

 

プロフィール

くりまんじゅう

Author:くりまんじゅう
小さいころから乗り物と地図が大好きです。最初は家のそばを走っていた近鉄電車。今では時刻表に載っている乗り物なら何でもOKです。電車の行先の地名を覚えたのがきっかけで、地図にも興味を持ちました。

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カテゴリ

北陸新幹線で五箇山・アルペンルート (4)
奈良交通八木新宮線乗車記 (4)
実際に行ったところ (13)
地図で見つけたところ (7)
新幹線開業前に青函トンネルへ (0)
冬が来る前に増毛・新十津川へ (1)
山陰地方のローカル線乗りつぶし (3)
岩手県へ行く (0)
乗りつぶし (1)
気仙沼・大船渡・石巻・仙石線乗りつぶし (2)
2017年北海道旅行(1) (0)
2017年北海道旅行 (3)
2018年6月北海道旅行 (9)
2018年夏中国地方 (4)

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん