市バス209系統

日本国内の鉄道完乗を目指して旅行した記録をつづっています。

気仙沼・大船渡・石巻・仙石線乗りつぶし(2)


DSC_0722_201803171819407ee.jpg
朝6時の気仙沼駅。2日目のスタートは再び大船渡線BRTで陸前高田へ向かう。前日のリ残している、陸前高田・陸前矢作間の支線に乗るためだ。

DSC_0727.jpg
6時16発の盛行き。早朝なのでガラガラだった。

陸前高田着6時47分。BRTの陸前高田駅は高台にある。
DSC_0733_20180317181943864.jpg

DSC_0736.jpg
仮設の陸前高田市役所。

DSC_0738_20180317181946298.jpg
7時16分発陸前矢作行きがやってきた。

DSC_0739.jpg
陸前矢作行きは内陸へ進んでいく。竹駒駅付近は専用道になっている。

DSC_0749.jpg
終点の陸前矢作駅。国道沿いにあり、バスが折り返すことができるようになっている。鉄道時代の陸前矢作駅よりも手前にある。鉄道時代は、この陸前矢作駅と前日行った上鹿折駅は隣駅だったが、この間の道路が狭く、BRTは海沿いを通るルートになったために、ここが支線になってしまった。

DSC_0751.jpg
折り返しの盛行きで陸前高田まで戻り、気仙沼行きに乗り換えて、来た道を引き返す。

DSC_0753.jpg
8時37分、再び気仙沼駅戻ってきた。

DSC_0756.jpg
9時16分発大船渡線一ノ関行き普通列車に乗る。

DSC_0765.jpg
大船渡線の気仙沼・一ノ瀬期間は内陸を行く。車窓風景は単調で睡魔に襲われる。

DSC_0776.jpg
DSC_0777_20180317181958e29.jpg
10時35分一ノ関着。東北本線に乗り換える。東北本線の小牛田行きは10時39分発で、接続が良すぎて急がなければならない。盛岡からやってくる東北本線の一ノ関止まりの列車も10時36分着でこちらからの乗り換え客も多い。

DSC_0778.jpg
これが小牛田行き。無事乗換できた。小牛田までは約45分。

DSC_0780.jpg
小牛田で11時33分発石巻線女川行きに乗り換え。ここでも乗り換え時間7分と接続がいい。

DSC_0785.jpg
小牛田・前谷地間は前日に乗車済み。前谷地駅を出ると左に気仙沼線が分かれていく。

DSC_0792.jpg
12時12分石巻着。ここで約10分停車する。

DSC_0804.jpg
12時49分、終点女川着。

DSC_0811_201803171820397dd.jpg
震災後に再建された女川駅舎はウミネコをモチーフにしているらしい。屋根のラインがウミネコっぽいかもしれない。

DSC_0812.jpg
駅前は商店街になっていて、その先が海。観光客が多くにぎわっていた。

DSC_0827.jpg
DSC_0830.jpg
13時24分の小牛田行きで引き返す。車窓に広がるのは万石浦という内海。

DSC_0842.jpg
石巻の手前で旧北上川を渡る。

DSC_0846.jpg
石巻で仙石線に乗り換える。13時59分発仙石東北ライン仙台行き快速列車。この車両はハイブリッドカー。2両編成で車内は混雑していた。

DSC_0848.jpg
DSC_0850.jpg
仙石線の車窓。はじめは平野の風景だが、しばらく行くと海も見える。

DSC_0853.jpg
仙石東北ラインのこの列車は、高樹町駅の先の連絡線で、仙石線から東北本線へ乗り入れて仙台に向かう。松島付近は東北本線と仙石線が交わりながら通っている。写真の下の方見見える線路は仙石線の線路。

DSC_0857.jpg
14時51分着の東北本線岩切駅で下車。

DSC_0865.jpg
15時4分発利府行きに乗る。岩切・利府間は東北本線の支線である。昔は、東北本線は岩切―利府―品井沼というルートだったが、急こう配のため現在のルートでの新線が開通。その後、利府経由の旧線は廃止されることになったが、利府駅の代替駅がないため、岩切・利府間のみ残ることになった区間だ。

DSC_0874.jpg
DSC_0878_20180317182058bed.jpg
DSC_0871.jpg
利府駅までは約6分。途中には新利府という駅が一つある。利府駅での滞在時間は7分。乗ってきたのと同じ電車で折り返す。

DSC_0886.jpg
岩切駅で仙台行きに乗り換え。

DSC_0889.jpg
仙台で仙石線に乗り換える。仙石線は地下ホーム。石巻から乗った仙石東北ラインの列車で、仙石線の高木町より先は乗車済みなので、あおば通・高城町間が未乗だ。

DSC_0895.jpg
仙台15時47分発の高城町行きに乗って約40分。

DSC_0899.jpg
DSC_0897_20180317182118bc8.jpg
高城町駅の駅前はロータリーなどはなく、住宅街の中の駅だった。

DSC_0901_20180318233741635.jpg
再び乗ってきたのと同じ電車で仙台へ引き返す。

DSC_0902.jpg
仙台駅まで戻って次に乗るのは、仙台空港アクセス線。仙台・名取間は東北本線を走り、名取から仙台空港鉄道に乗り入れて仙台空港駅まで行く列車である。17時29分発の列車に乗る。

DSC_0909_20180317182125f2a.jpg
17時52分仙台空港着。

DSC_0906.jpg
ここも電車の乗ることが目的なので、空港ターミナルまでは行かずに引き返す。滞在時間7分。

DSC_0913.jpg
18時25分、またまた仙台駅へ戻ってきた。再び仙石線の地下ホームへ。最後の乗車区間は仙石線の仙台・あおば通間。

DSC_0918_201803171821306f7.jpg
あおば通まではわずか2分。これにて仙石線完乗。

DSC_0920.jpg
あおば通駅と仙台駅の間は地下道で結ばれており、歩いて移動できる。この区間だけならわざわざ電車に乗るほどの距離ではない。

DSC_0924_20180317182133d11.jpg
仙台駅まで戻ってきた。あわただしく仙台周辺の路線を乗りつぶしたけれど、ここから新幹線で東京まで戻って今回は終了。仙台は地下鉄と仙山線が未乗である。

DSC_0914.jpg
最後におまけの一枚。仙台駅の仙石線ホームの乗り換え表示の新幹線は200系だった。


スポンサーサイト

 | HOME | 

 

プロフィール

くりまんじゅう

Author:くりまんじゅう
小さいころから乗り物と地図が大好きです。最初は家のそばを走っていた近鉄電車。今では時刻表に載っている乗り物なら何でもOKです。電車の行先の地名を覚えたのがきっかけで、地図にも興味を持ちました。

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カテゴリ

【2019年南九州】 (2)
【2019年2月】富山地鉄・新穂高ロープウェイ (4)
【2018年8・9月】中国地方 (7)
【2018年6月】北海道 (9)
【2017年12月】北海道 (3)
【2017年9月】気仙沼・大船渡・石巻・仙石線 (2)
【2017年8月】山陰地方 (3)
【2015年6月】立山黒部アルペンルート (4)
【2014年2月】奈良交通八木新宮特急バス (4)
その他 (1)
その他(2018年以前) (22)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん