市バス209系統

日本国内の鉄道完乗を目指して旅行した記録をつづっています。

山陰地方のローカル線乗りつぶし(2)

DSC_9490.jpg
2日目は三次6時55分発芸備線下り備後落合行きに乗る。キハ120の1両編成。土曜日だが、車内は高校生が多い。満員で三次を発車。

DSC_9493.jpg
備後庄原で大半が下車、備後西城で残っていた全員が下車して、乗客は私だけに。

DSC_9498.jpg
芸備線の車窓。

DSC_9500.jpg
左から木次線の線路が近づいてくる。

DSC_9505.jpg
8時16分備後落合着。ここで9時20分発木次線木次行きに乗り換える。約1時間の乗り換えだ。この駅から木次線に乗らず、さらに芸備線に乗って新見方面へ行くには、14時37分まで約6時間半の待ち合わせになる。

DSC_9509.jpg
備後落合駅の駅舎。かつては乗換駅としてにぎわったのだろうが、現在は無人駅。

DSC_9533.jpg
9時6分、備後落合終着の木次線の列車がやってきた。これが折り返しの木次行きになる。

DSC_9549.jpg
9時9分、三次から乗ってきた車両が、再び三次行きになって折り返していった。

DSC_9560.jpg
9時20分、私一人を乗せて、木次行きが備後落合を出発。

DSC_9565.jpg
島根県に入って最初の駅、三井野原はJR西日本で最も標高が高い駅。駅周辺にはスキー場があり、かつてはこの駅までの臨時列車も走っていたのだが、今は列車でここにスキーに来る人はいるんだろうか。この写真にはリフトの支柱が2本写っているのだが、わかるだろうか?冬にはここがゲレンデになるようだ。

DSC_9566.jpg
国道314号線の橋梁を望む。この付近の道路はループになっていて、奥出雲おろちループと呼ばれている区間。

DSC_9572.jpg
ループ橋が顔をのぞかせる。

DSC_9575.jpg
国道がループになっている区間を鉄道がそのまま通過できるはずはなく、こちらはスイッチバックになっている。

DSC_9582.jpg
三段式スイッチバックの途中にある出雲坂根駅。

DSC_9589.jpg
出雲三成駅では対向列車との行き違い。

DSC_9591_20170916174948fe7.jpg
やってきたのは木次線のトロッコ列車「奥出雲おろち号」。客車2両にディーゼル機関車1両の3両編成だが、備後落合行きの下り列車は機関車が最後尾に連結されていて、後ろから押すスタイルだ。

DSC_9600.jpg
「奥出雲おろち号」が到着するとこちらが発車。

DSC_9605.jpg
11時27分、路線名の由来になっている木次駅到着。次の宍道行きは12時16分発なので、駅周辺を散策してみる。

DSC_9609.jpg
木次は雲南市の中心で、斐伊川が流れている。川岸まで行くと沈下橋を発見。

DSC_9611.jpg
歩行者専用だ。

DSC_9614.jpg
とは言いつつも、自転車のおばちゃんが走り去っていった。

DSC_9618.jpg
今度は自動車も通れる立派な橋をわたって駅へ戻る。対岸に見えるのは木次駅前にあるショッピングセンター。木次は何もない田舎町かと思っていたけれど、予想に反して結構開けた町のようだった。

DSC_9624_20170916175124fca.jpg
木次駅に戻って12時16分発宍道行きに乗る。備後落合からここまで乗ってきた車両と同じ車両のようだ。木次駅で45分以上もとまるから別列車になっているのだろうか。

DSC_9635.jpg
12時50分宍道着。12時56分発の山陰本線の生山行きで松江へ向かう。

DSC_9638.jpg
宍道から乗ったこの電車、先頭車は普通の115系の顔だけど、後ろはこんな改造車だった。

DSC_9639.jpg
松江駅前にいるこのバスは市内周遊用だろうか。しかし松江観光は翌日にして、一畑電車に乗るべく、松江しんじ湖温泉へ駅へ向かう。

DSC_9645.jpg
松江しんじ湖温泉駅までは宍道湖を眺めながら約30分の道のり。

DSC_9660.jpg
一畑電車の起点、松江しんじ湖温泉駅。

DSC_9662.jpg
14時16分発の出雲大社前行きの乗車。この車両は元東急の車両らしい。

DSC_9667.jpg
約1時間で出雲大社前駅到着。

DSC_9670.jpg
駅前の駅前を進むと出雲大社。

DSC_9698.jpg
上の写真の鳥居から反対側を望む。鳥居のところが高くなっているので町を見下ろす感じになる。

DSC_9701.jpg
参拝を済ませると、近くの荒木屋という蕎麦屋さんで遅めの昼食。名物の割子そばをいただく。老舗の有名なんだけど、4時ごろだったからか、すいていてゆっくりできた。4段のそばにしたんだけど、格段違う薬味で楽しめた。

DSC_9706.jpg
この日の宿泊は出雲市駅前のホテルを予約してあり、あとは出雲市まで戻るだけなので時間には余裕がある。近くをぶらぶら歩いてみる。

DSC_9707.jpg
海が見えてきた。

DSC_9711.jpg
稲佐の浜。国譲り神話の舞台になったところだ。

DSC_9728.jpg
奉納山公園から稲佐の浜を望む。

DSC_9761.jpg
時刻は19時。夕日の時間だ。

DSC_9768.jpg
稲佐の浜は夕日のスポットとしても有名で、たくさんの人がカメラ片手に絶景を楽しんでいた。

DSC_9786.jpg
日が沈んだ後の空。

DSC_9799.jpg
再び出雲神社前駅に戻る。次の電車まで待ちぼうけ。

DSC_9806.jpg
20時39分発川跡行きに乗る。元京王の車両。

DSC_9812.jpg
川跡駅で電鉄出雲市行きに乗り換え。

DSC_9817.jpg
21時2分電鉄出雲市着。この日はここまで。駅前のビジネスホテルへ泊まる。

スポンサーサイト

 | HOME | 

 

プロフィール

くりまんじゅう

Author:くりまんじゅう
小さいころから乗り物と地図が大好きです。最初は家のそばを走っていた近鉄電車。今では時刻表に載っている乗り物なら何でもOKです。電車の行先の地名を覚えたのがきっかけで、地図にも興味を持ちました。

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カテゴリ

【2019年南九州】 (2)
【2019年2月】富山地鉄・新穂高ロープウェイ (4)
【2018年8・9月】中国地方 (7)
【2018年6月】北海道 (9)
【2017年12月】北海道 (3)
【2017年9月】気仙沼・大船渡・石巻・仙石線 (2)
【2017年8月】山陰地方 (3)
【2015年6月】立山黒部アルペンルート (4)
【2014年2月】奈良交通八木新宮特急バス (4)
その他 (1)
その他(2018年以前) (22)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん