市バス209系統

主に日帰りや一泊二日であちこちへいった記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つつじ

根津神社へツツジを撮りに行きました。
DSC_8205.jpg

DSC_8223.jpg

DSC_8261.jpg

DSC_8288.jpg

DSC_8309.jpg

DSC_8321.jpg

DSC_8343.jpg

皇居東御苑での花の写真

DSC_8390.jpg

DSC_8402.jpg

DSC_8408.jpg

DSC_8438.jpg

DSC_8441.jpg

DSC_8446.jpg

DSC_8453.jpg

DSC_8501.jpg

DSC_8560.jpg

DSC_8564.jpg

DSC_8568.jpg

DSC_8580.jpg
スポンサーサイト

梅小路蒸気機関車館

梅小路蒸気機関車館は京都市にある蒸気機関車の博物館です。京都駅から西へ30分弱歩くと着きます。もちろんバスでも行けます。

P1140879.jpg

建物は大きく分けると展示資料館と扇形車庫の二つからなっています。上の写真の展示資料館は、もともと山陰本線二条駅の駅舎を移築したものです。1904年に建てられたもので、木造の駅舎としては日本最古のものなんだそうです。

P1140892.jpg

上の写真が扇形車庫です。中央に機関車の向きを変える転車台があり、その周りの扇形車庫に機関車が展示されています。

P1140935.jpg

「デゴイチ」の愛称でおなじみのD51形。日本の機関車としては最多の1000両以上も製造されました。

P1140934.jpg

C58形。お召列車としても使われた機関車で菊の御紋がつけられています。側面には鳳凰のエンブレムもつけられていました。

P1140940.jpg

B20形。機関区での入れ替え用の小さな機関車です。

このほかにも多くの機関車が展示されています。一部の機関車は運転室に入って運転席に座ることもできます。ハンドルも動かせるようになっていて、運転士の気分を味わえます。蒸気機関車の運転席はボイラーの後ろのついているので、見通しが悪いです。左側の運転席から右側はほとんど見えません。

P1150013.jpg

梅小路蒸気機関車館は博物館だけではなく、梅小路運転区というJR西日本の現役の車両基地でもあります。扇形車庫の一部では現役の蒸気機関車のメンテナンスが行われています。この時は山口線の「やまぐち号」を牽引するC57が全般検査が行われており、部品の一部を見ることができました。全般検査とはすべての部品を取り外して検査する、鉄道車両の最も大がかりな検査です。

P1150024.jpg

蒸気機関車を眺めるだけではなくて、実際に蒸気機関車が牽引する列車に乗ることもできます。SLスチーム号という列車が片道約500メートルのコースを約10分かけてゆっくり往復します。牽引する機関車は週替わりのようで、この時はC61形2号機でした。

P1140897.jpg

同じコースを往復するのではじめは機関車が一番後ろでバックで出発します。梅小路公園に沿ったルートですが景色はお世辞にもいいとは言えません。ただし、反対側はJRの線路に沿っているので鉄道好きには楽しいです。

P1140907.jpg

留置線に停まっている車両が見えます。奥が普通や快速に使われている221系、手前が関西空港行き特急はるかに使われている281系です。

P1140914.jpg

コースの端まで行くと、今度は蒸気機関車が先頭になって戻ります。その途中でEF66形電気機関車がけん引する貨物列車とすれ違いました。貨物列車が警笛を鳴らすと、こちらの蒸気機関車も汽笛で応えます。列車同士のあいさつでしょうか。

P1140917.jpg

客車から先頭の機関車を眺めたところ。運転士さんが顔を出していますね。奥に見えるのは保津川沿いを走る嵯峨野観光鉄道トロッコ列車の車両です。

当たり前ですが、客車に乗っていると牽引している機関車はあまり見えません。そこで次のスチーム号の運転時間まで待って、今度は動いている姿を見ることにしました。

P1140966.jpg

白い煙を出してゆっくり出発するスチーム号。

P1140972.jpg

コースを往復して戻ってきたところ。スピードはゆっくりですが、走っている姿を見るのはいいですね。

P1140976.jpg

運転士さんが停止位置を確認して止めます。どうやらこの機関車は三菱製のようです。その右の「梅」は区名札といって、梅小路運転区所属であることを示しています。

この会がその日最後のスチーム号の運転でした。その日の最後の運転のあとは、機関車を切り離して転車台で向きを変えるのを見ることができます。

P1140978.jpg

旗による誘導で転車台に乗ります。

P1140984.jpg

転車台でぐるっと向きを変えます。転車台はゆっくり回るのかと思っていたら、思いのほか回るスピードが速くてすぐに向きが変わります。

P1140989.jpg

いったん給炭線へ引き上げてたまった灰を捨てて、水と石炭を補給します。水はホースで、石炭はショベルローダーで補給します。

P1140993.jpg

その後もう一度転車台に乗って向きを変えます。

P1150004.jpg

バックで留置線に入っておしまいです。

P1150006.jpg

手前が今回お世話になったC61形2号機。奥は8620形8630号機です。

展示されている資料はそれほど多くありませんが、実物の蒸気機関車を間近でたくさん見ることができ、機関車の大きさに圧倒されました。


ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

奈良駅周辺の路線バス

奈良交通の「奈良市内均一区間フリー乗車券」で奈良市内を巡ってきました。今回はその時見かけたり乗ったりしたバスをご紹介します。

「奈良市内均一区間フリー乗車券」は500円で近鉄・JR奈良駅を中心としたエリアが乗り放題です。奈良公園や平城宮跡の観光に便利なフリー乗車券です。他にも700円でこれに加えて薬師寺・唐招提寺周辺まで乗れる「奈良・西の京フリー乗車券」、1000円で法隆寺まで行ける「奈良・西の京・斑鳩フリー乗車券」もあります。


P1140538.jpg

2系統市内循環外回り

市内循環はJR奈良駅から近鉄奈良駅、奈良公園などを通って再びJR奈良駅に戻ってきます。1周30分弱で10分間隔の運転なので、内回り・外回りそれぞれ3台ずつでぐるぐる回っているのが基本のようです。遅れや車両交換などで途中入庫する便もありますが、基本的に終点はなくぐるぐる回り続けています。どのバス停から乗っても1周して同じバス停に戻ってくることができるので安心です。また、市内循環には専用の黄色いバスが使われるのですが、緑と白の通常の奈良交通カラーのバスも使われています。


P1140583.jpg

5系統中循環内回り

中循環は市内循環のショートカットバージョンで、JR奈良駅は通らずやすらぎの道を通ります。内回り(時計まわり)が5系統、外回り(反時計回り)が6系統です。運行本数も少なく、午前中は外回り、午後は内回りだけの運行です。土休日は午前の外回りだけで内回りの運行はありません。市内循環に比べて存在感の薄い中循環です。


P1140571.jpg
P1140614.jpg

ぐるっとバス

ぐるっとバスは奈良公園周辺の観光名所をまわる観光客向けのバスです。通常の路線バスは均一区間1乗車200円ですが、ぐるっとバスは1乗車100円でお得です。平城宮跡・ならまちルートと奈良公園ルートの2ルート設定されていますが、奈良公園ルートのほうはポンチョという小型のバスを使用しています。


P1140527.jpg

97系統春日大社本殿ゆき

97系統は春日大社本殿から、近鉄奈良駅、JR奈良駅、唐招提寺東口、薬師寺東口、近鉄郡山駅を通って法隆寺前まで行く路線です。「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」という愛称がつけられていて、古都奈良と法隆寺という二つの世界遺産を結ぶ観光にも便利かもしれない路線です。とはいうものの、本数は1時間に一本しかなく、距離も長く遅れることも珍しくないという、「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」という愛称にふさわしいのかどうか疑問が残る路線でもあります。奈良公園周辺から法隆寺へ行くにはJRで行くほうが便利です。
 また、今までのバスは黄緑の塗り分けでしたが、このバスは茶色と水色で塗り分けが違います。これは昔の奈良交通のカラーリングを復活させたリバイバルカラーなのです。この色のバスは、主に「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」で運行されています。


P1140588.jpg

70系統春日大社本殿ゆき

70系統は春日大社本殿から、近鉄奈良駅、JR奈良駅、唐招提寺、薬師寺を通って六条山というところまで行く路線です。春日大社本殿まで行くバスは上記の97系統とこの70系統が中心で昼間は合わせて1時間3本です。春日大社本殿停留所は本当に本殿のすぐそばにありますが、参道に入口にも大仏殿春日大社前や春日大社表参道といバス停があり、こちらは市内循環を含めたくさんのバスが通ります。



ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


桃尾の滝

前回ご紹介した石上神宮へ行った後で、桃尾の滝(もものおのたき)へ行きました。

桃尾の滝は天理の中心部から国道25号を東へ行ったところへあります。


大きな地図で見る

天理駅から路線バスで行くことができますが、本数がとても少ないので注意が必要です。

12時10分と15時2分の29系統針インターゆきか、16時34分と18時16分の28系統国道針ゆきの1日4本です。しかも15時2分発は平日のみの運行です。

下車するのは、正規のバス停では上滝本が最寄ですが、上滝本の手前の桃尾滝口という降車指定地のほうが近いです。

この区間は自由乗降になっていて、バス停以外でも乗車することができるようになっていて、降りるときも正規のバス停以外に降車指定地が設けられているのです。(奈良交通以外のバスでは、自由乗降の場合どこでも下車できるのですが、奈良交通では安全のため降車指定地が設けられています)

P1140423.jpg

これが今回下車した降車指定地桃尾滝口のポールです。ご覧のように棒が一本立っているだけです。乗るときはバスに向かって手をあげます。

P1140424.jpg

すぐそばにはこのような石碑もあります。草に覆われたところにもまだ字が書かれているのかもしれません。

P1140426.jpg

バスを降りてこのような道をしばらく歩いていくと、目的の滝に到着します。一本道なので迷うことはないでしょう。

P1140427.jpg

奥に見えるのが滝です。手前ののぼりは天理駅前にもたくさん立てられていました。天理市はここを観光スポットとして売り出そうとしているのでしょうか。公共交通機関でのアクセスが不便ですが、多くの人は車で来るでしょうから問題ないのでしょう。私の滞在中も他に3組の見学者が来ていました。バスで来たのは私だけでしたが。

ちなみに私が出かけたのは8月です。

P1140428.jpg
(クリックすると大きくなります)

滝行などをする人もいらっしゃるのでしょうか。

P1140438.jpg

滝の間近にて。

滝のすぐそばまで近づくことができます。涼しいです。

P1140444.jpg

滝から流れ出している川の様子。

行ったときは真夏だったので避暑には最適でした。

P1140454.jpg

滝からバス停へ戻っていく途中の風景。

写っているのが国道25号線です。山間ののどかな景色です。

上滝本バス停から帰りのバスは、平日は7時48分・8時41分・15時26分・17時48分の4本、土日祝日は7時51分・9時10分・15時26分・17時48分の4本です。

天理駅からバスで桃尾の滝を訪ねるには、天理発12時10分で行って上滝本発15時26分で帰ってくるか、天理発16時34分で行って上滝本発17時48分で帰ってくるかの2通りしかありません。

前者のパターンでは滝での滞在時間が2時間以上あり時間を持て余すことになるでしょうし、後者は時期によっては暗くなっていて怖いでしょう。車で行くのがいいですね。私は後者のパターンで行きましたが8月だったので問題なしでした。

帰りに桃尾滝口からバスに乗るときはバスに向かって手を挙げるのを忘れないように。

P1140464.jpg

行きも帰りも同じ運転手さんで、帰りのお客は私一人でした。



ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

石上神宮

奈良県天理市にある石上神宮(いそのかみじんぐう)へ行ってきました。


大きな地図で見る

天理駅から東へ、天理本通り商店街を抜け、天理教本部の前を通って、30分ほど歩いて行ったところにあります。バスもありますが、平日4本・土休日3本と本数が少ないので使いにくいです。(ただし天理教の行事があるときには市内循環のバスが多数運転されるので便利になります)

P1140376.jpg

P1140377.jpg

石上神宮の主祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)といい、韴霊(ふつのみたま)という神剣に宿る神様です。韴霊は、神武天皇が熊野で邪神に悩まされていた時に武甕雷神(たけみかづちのかみ)がお授けになった剣で、これにより神武天皇は無事橿原の地に入ることができたということです。

後に、第10代崇神天皇が、物部氏の祖である伊香色雄命(いかしこおのみこと)に命じてこの地に祀らせたのが石上神宮の始まりです。

P1140379.jpg

P1140392.jpg

上の写真の楼門は後醍醐天皇の時に建てられたもので重要文化財に指定されています。かつては上層に鐘が吊るされていたのですが、明治の神仏分離で撤去されてしまいました。

また、写真ではわかりにくいのですが、額には「萬古猶新(ばんこゆうしん)」と書かれていて、これは山縣有朋の書です。

P1140381.jpg
↑拝殿

拝殿は永保元(1081)年に白河天皇が宮中の神嘉殿を寄進したものとされていますが、建築様式から見ると鎌倉時代初期のものだそうです。おそらくそのころに再建されたのではないでしょうか。

この拝殿は国宝に指定されています。宇太水分神社の記事でも触れましたが、県内の神社で国宝に指定されているのは春日大社と宇太水分神社とこの石上神宮だけで貴重なものです。

また、境内にある摂社の出雲建雄神社(いずもたけおじんじゃ)の拝殿も国宝に指定されていますが、残念なことに写真を撮り忘れてしまいました。小さなお社までひとつひとつ丁寧に参拝されている家族連れがいらっしゃったので、私も参拝だけ済ませて写真は後で撮ろうと思っていたところすっかり忘れてしまったようです。

写真は紹介できませんが出雲建雄神社拝殿は、明治初期に廃絶した内山永久寺というお寺の鎮守社の拝殿を移築したものです。


また、境内の鏡池には内山永久寺の池に棲んでいた馬魚(わたか)という魚が移されて生息しています。

このワタカを馬魚と書くのは言い伝えがあります。

かつて後醍醐天皇が吉野へ逃れる途中、内山永久寺に入られました。しかし天皇の乗馬が追手の馬のいななきに応えていななこうとしたので、従者が見つかるのを恐れて馬の首を切り落とし池に投げ入れました。後にその池に魚が棲みつくようになり、人々は馬の首が魚になったと考えるようななったということです。

P1140404.jpg
(クリックすると大きくなります)

P1140405.jpg

残念ながらそのワタカとやらを見つけることはできませんでした。

P1140378.jpg

石上神宮には魚だけではなくて鶏もいます。昼間は放し飼いになっていますが、上の写真でも右のほうに写っているようにちゃんと鶏小屋もあって夜はそこで眠るようです。

鶏は朝を告げる鳥として神聖視されており神様の使いと考えられています。

しかしこう書くと何百年も前から石上神宮に鶏がいたように思われますが、実際のところは40年ほど前に奉納されたもののようです。(奉納されたというよりは誰かに捨てられただけといううわさもあります)


石上神宮は歴史のある神社なので和歌にも詠まれています。

P1140413.jpg

上の写真は鳥居を入ったところにある、柿本人麻呂の歌碑です。

「をとめらが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき吾は」
(おとめらがそでふるやまのみずがきのひさしきときゆおもいきわれは)

万葉集の歌です。「ずっと昔から私はあなたのことを思っていたのですよ」くらいの意味でしょうか。

P1140371.jpg
(クリックすると大きくなります)

上の写真は石上神宮へ行く途中の道にあった案内板です。石上神宮を読んだものではありませんが紹介します。

かなり読みにくくなっていますが、かつて石上神宮の近くにあったとされる良因寺に僧正遍昭が滞在していたということです。そこへ小野小町がやってきました。後撰和歌集の歌です。


「いそのかみという寺に詣でて日の暮れにければ罷り帰らむとて、とどまりて、この寺に遍昭侍りと、人に告げ侍りければ、物いひ心みむとていではべりける。

いそのかみ旅寝をすればいと寒し苔の衣をわれに貸さなむ 小町

世をそむく苔の衣はたゞ一重かさねばうとしいざふたりねむ 遍昭」


小町「寝るとき寒いから衣貸して」
遍昭「一着しかないから二人で一緒に寝よう」

ユーモアのある楽しい歌のようです。



ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

 | HOME |  古い記事に行く »

 

プロフィール

くりまんじゅう

Author:くりまんじゅう
小さいころから乗り物と地図が大好きです。最初は家のそばを走っていた近鉄電車。今では時刻表に載っている乗り物なら何でもOKです。電車の行先の地名を覚えたのがきっかけで、地図にも興味を持ちました。

ブログランキング

このブログに興味を持っていただけたらぜひクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カテゴリ

北陸新幹線で五箇山・アルペンルート (4)
奈良交通八木新宮線乗車記 (4)
実際に行ったところ (13)
地図で見つけたところ (7)
新幹線開業前に青函トンネルへ (0)
冬が来る前に増毛・新十津川へ (1)
山陰地方のローカル線乗りつぶし (3)
岩手県へ行く (0)
乗りつぶし (1)
気仙沼・大船渡・石巻・仙石線乗りつぶし (2)
2017年北海道旅行(1) (0)
2017年北海道旅行 (1)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。