市バス209系統

日本国内の鉄道完乗を目指して旅行した記録をつづっています。

つつじ

根津神社へツツジを撮りに行きました。
DSC_8205.jpg

DSC_8223.jpg

DSC_8261.jpg

DSC_8288.jpg

DSC_8309.jpg

DSC_8321.jpg

DSC_8343.jpg

皇居東御苑での花の写真

DSC_8390.jpg

DSC_8402.jpg

DSC_8408.jpg

DSC_8438.jpg

DSC_8441.jpg

DSC_8446.jpg

DSC_8453.jpg

DSC_8501.jpg

DSC_8560.jpg

DSC_8564.jpg

DSC_8568.jpg

DSC_8580.jpg
スポンサーサイト

東武亀戸線・大師線・埼玉高速線乗りつぶし

東京都内の東武の短い支線二つの乗りつぶし。

DSC_4743.jpg
スタートは北千住。特急スペーシアの待ち合わせをしてから、ゆっくり普通電車が発車した。

まずは曳舟駅から出る亀戸線に乗る。

DSC_4746.jpg
亀戸線は隅っこの短いホームから発車する。

DSC_4752.jpg
えらく派手なオレンジの電車がやってきた。昭和30年代のリバイバルカラー。

DSC_4762.jpg
2両編成のワンマン電車は10分足らずで終点亀戸へ。総武線との乗換駅。

DSC_4757.jpg
駅ビルの端っこにある亀戸駅。駅前をうろうろしてすぐに引き返す。

DSC_4770.jpg
曳舟駅へ戻り、急行に乗り換えてやってきたのは西新井駅。隅っこの専用ホームがこれから乗る大師線。

DSC_4777.jpg
こちらも2両編成のワンマン運転。

DSC_4780.jpg
大師線は途中駅がないので西新井駅を出るとすぐに終点。大師駅は広々したホームの駅。

DSC_4782.jpg
駅のすぐそばにある西新井大師。屋台も出ていた。

DSC_4797.jpg
モミジは色あせていて紅葉はもうおしまい。

DSC_4798.jpg
さざえ堂。中がらせん状になっているのだろう。赤い。

DSC_4802.jpg
そばに合ったせんべい屋さん。

DSC_4805.jpg
駅のほうに戻って、電車ではなくバスに乗る。

DSC_4807.jpg
赤羽駅でバスを降りて少し歩くと赤羽岩淵駅。ここから埼玉高速鉄道に乗る。

DSC_4811.jpg
東京メトロ南北線と乗り入れている。地下鉄と変わらない。

DSC_4813.jpg
地下を走り続けて、やっと地上に出たところが終点浦和美園。

DSC_4815.jpg
埼玉スタジアムの最寄り駅で浦和レッズの赤が目立つ。

これで今日の乗りつぶしは終わり。




冬が来る前に増毛・新十津川へ

JR北海道の留萌本線留萌・増毛間が2016年度中に廃止されるという。そうなると廃止される前に乗っておきたい。計画を立てていると、札沼線の浦臼・新十津川間が1日1往復に減便されるとのニュースも。時刻表とにらめっこしていると、これまた廃止の話が上がっている、石勝線新夕張・夕張間にも乗れそう。というわけで1泊2日で行ってきました。

DSC_3225.jpg
朝1番のリムジンバスの乗って朝5時半の羽田空港にやってきた。昼間のにぎやかさはなく、薄暗い。早速、開いたばかりの保安検査場を通って搭乗口へ向かう。

DSC_3228.jpg
これまたひっそりした空港内の様子。台車を押しながら売店へ商品を運ぶ人が目立ちました。

DSC_3238.jpg
乗ったのは6時25分発新千歳行きANA987便。ボーイング737-800。旅客数世界一の羽田・新千歳線にしては小さな飛行機でだけど、早朝ですからね。乗客は半分もいなかった。

DSC_3241.jpg
水滴が写っているように、この日はあいにくの空模様。景色は楽しめそうにない・・・。

DSC_3253.jpg
滑走路へ向かう途中後方を見るとボーイング787が。737のシュッとした顔つきとは違って、なんとなく残念な顔つきに思える。

DSC_3260.jpg
いよいよ離陸。わくわく。

DSC_3262.jpg
浮いた。飛行機いっぱい。

DSC_3263.jpg
でもすぐ雲の中へ。

DSC_3265.jpg
雲の上へ出た。あとはずっとこんな景色。でも、雲しか見えないのにカメラもってずっと窓の外見てる私を気遣ってくれたのか、絵葉書もらいました。ありがとうございます。

DSC_3273.jpg
でもよく見ると、あれはもしかして・・・、富士山? 新千歳行きで富士山みえるとは思わなかったけど、CAさんにも「富士山見えましたか」て聞かれたから、たぶん富士山でしょう。

DSC_3280.jpg
新千歳空港が近づいて高度を下げて行き、再び雲の中に入る直前、影が雲に映る。

DSC_3286.jpg
地上が見えた。

DSC_3290.jpg
着陸。

DSC_3293.jpg
と思ったら隣の滑走路から別の飛行機が離陸。

DSC_3299.jpg
定刻の7時55分より10分も早く着いた。北海道も雨。

DSC_3315.jpg
まずは夕張を目指す。そのためには新千歳空港8時16分発の札幌行き快速エアポートで南千歳へ。

DSC_3329.jpg
南千歳で8時30分発帯広行き特急スーパーとかち1号に乗り換え。

DSC_3335.jpg
南千歳を出るとすぐに北海道らしい広々とした景色に。こんな風景の中を約30分で夕張への乗換駅である新夕張に着く予定。

DSC_3337.jpg
だったんだが、5分ほど走ったところで急ブレーキかかって停まってしまった。鹿とぶつかったとのこと。安全確認やら何やらで、運転再開まで約40分かかった。

DSC_3353.jpg
定刻なら新夕張着9時ちょうどで、9時5分発の夕張行きに乗り換える予定だったのが、約40分の遅れで新夕張駅着。乗換の夕張行きは発車した後。代行のタクシーが出るようだけど、列車に乗るのが目的だし、後の予定も考えると夕張へ行くのはあきらめて引き返すことに。夕張へは近いうちに必ず行くことにするからな。

DSC_3351.jpg
というわけで、ちょうどやってきたスーパーおおぞら2号で引き返す。

DSC_3357.jpg
再び南千歳に戻ってきた。ここから快速エアポートで乗り換えて札幌へ。

DSC_3358.jpg
札幌着11時。

もともとは夕張へ行った後、追分駅から室蘭本線経由で岩見沢へ行って留萌本線へ向かう予定だったので、室蘭本線経由の夕張・増毛間の乗車券を用意していたんだが、思いがけず札幌へ戻ることになったので、乗車券を室蘭本線経由から千歳線経由へ変更してもらうべく精算窓口へ。

窓口で申し出ると、若手の駅員さんが一瞬固まった様子。ここで私も気づいた。これは単なる乗り越しじゃなくて、経路変更になるから、マルスで処理できなくて、手書きの補充券での対応になることに。なんだか厄介なことになりそう。車内で車掌に頼めばすぐできるそうなんだけど、私としては一旦札幌で途中下車して昼食を取りたいので、ここで変更してもらうことに。

はじめは若手の駅員さん2人でマニュアルとにらめっこ。その後電話でどこかへ問い合わせ。そのうちベテランらしき人も登場して3人がかりに。やっとペンを持って補充券に書き込み始めたと思ったらすぐに手が止まる。結局15分ほどかかって対応してもらいました。

DSC_3361.jpg
出てきたのはこんな乗車券。変更額1000円也。札幌駅の皆様、お手数をおかけしました。

この後は昼食をとって、今回のメインの増毛へ向かいます。

続きを読む »

梅小路蒸気機関車館

梅小路蒸気機関車館は京都市にある蒸気機関車の博物館です。京都駅から西へ30分弱歩くと着きます。もちろんバスでも行けます。

P1140879.jpg

建物は大きく分けると展示資料館と扇形車庫の二つからなっています。上の写真の展示資料館は、もともと山陰本線二条駅の駅舎を移築したものです。1904年に建てられたもので、木造の駅舎としては日本最古のものなんだそうです。

P1140892.jpg

上の写真が扇形車庫です。中央に機関車の向きを変える転車台があり、その周りの扇形車庫に機関車が展示されています。

P1140935.jpg

「デゴイチ」の愛称でおなじみのD51形。日本の機関車としては最多の1000両以上も製造されました。

P1140934.jpg

C58形。お召列車としても使われた機関車で菊の御紋がつけられています。側面には鳳凰のエンブレムもつけられていました。

P1140940.jpg

B20形。機関区での入れ替え用の小さな機関車です。

このほかにも多くの機関車が展示されています。一部の機関車は運転室に入って運転席に座ることもできます。ハンドルも動かせるようになっていて、運転士の気分を味わえます。蒸気機関車の運転席はボイラーの後ろのついているので、見通しが悪いです。左側の運転席から右側はほとんど見えません。

P1150013.jpg

梅小路蒸気機関車館は博物館だけではなく、梅小路運転区というJR西日本の現役の車両基地でもあります。扇形車庫の一部では現役の蒸気機関車のメンテナンスが行われています。この時は山口線の「やまぐち号」を牽引するC57が全般検査が行われており、部品の一部を見ることができました。全般検査とはすべての部品を取り外して検査する、鉄道車両の最も大がかりな検査です。

P1150024.jpg

蒸気機関車を眺めるだけではなくて、実際に蒸気機関車が牽引する列車に乗ることもできます。SLスチーム号という列車が片道約500メートルのコースを約10分かけてゆっくり往復します。牽引する機関車は週替わりのようで、この時はC61形2号機でした。

P1140897.jpg

同じコースを往復するのではじめは機関車が一番後ろでバックで出発します。梅小路公園に沿ったルートですが景色はお世辞にもいいとは言えません。ただし、反対側はJRの線路に沿っているので鉄道好きには楽しいです。

P1140907.jpg

留置線に停まっている車両が見えます。奥が普通や快速に使われている221系、手前が関西空港行き特急はるかに使われている281系です。

P1140914.jpg

コースの端まで行くと、今度は蒸気機関車が先頭になって戻ります。その途中でEF66形電気機関車がけん引する貨物列車とすれ違いました。貨物列車が警笛を鳴らすと、こちらの蒸気機関車も汽笛で応えます。列車同士のあいさつでしょうか。

P1140917.jpg

客車から先頭の機関車を眺めたところ。運転士さんが顔を出していますね。奥に見えるのは保津川沿いを走る嵯峨野観光鉄道トロッコ列車の車両です。

当たり前ですが、客車に乗っていると牽引している機関車はあまり見えません。そこで次のスチーム号の運転時間まで待って、今度は動いている姿を見ることにしました。

P1140966.jpg

白い煙を出してゆっくり出発するスチーム号。

P1140972.jpg

コースを往復して戻ってきたところ。スピードはゆっくりですが、走っている姿を見るのはいいですね。

P1140976.jpg

運転士さんが停止位置を確認して止めます。どうやらこの機関車は三菱製のようです。その右の「梅」は区名札といって、梅小路運転区所属であることを示しています。

この会がその日最後のスチーム号の運転でした。その日の最後の運転のあとは、機関車を切り離して転車台で向きを変えるのを見ることができます。

P1140978.jpg

旗による誘導で転車台に乗ります。

P1140984.jpg

転車台でぐるっと向きを変えます。転車台はゆっくり回るのかと思っていたら、思いのほか回るスピードが速くてすぐに向きが変わります。

P1140989.jpg

いったん給炭線へ引き上げてたまった灰を捨てて、水と石炭を補給します。水はホースで、石炭はショベルローダーで補給します。

P1140993.jpg

その後もう一度転車台に乗って向きを変えます。

P1150004.jpg

バックで留置線に入っておしまいです。

P1150006.jpg

手前が今回お世話になったC61形2号機。奥は8620形8630号機です。

展示されている資料はそれほど多くありませんが、実物の蒸気機関車を間近でたくさん見ることができ、機関車の大きさに圧倒されました。


ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

奈良駅周辺の路線バス

奈良交通の「奈良市内均一区間フリー乗車券」で奈良市内を巡ってきました。今回はその時見かけたり乗ったりしたバスをご紹介します。

「奈良市内均一区間フリー乗車券」は500円で近鉄・JR奈良駅を中心としたエリアが乗り放題です。奈良公園や平城宮跡の観光に便利なフリー乗車券です。他にも700円でこれに加えて薬師寺・唐招提寺周辺まで乗れる「奈良・西の京フリー乗車券」、1000円で法隆寺まで行ける「奈良・西の京・斑鳩フリー乗車券」もあります。


P1140538.jpg

2系統市内循環外回り

市内循環はJR奈良駅から近鉄奈良駅、奈良公園などを通って再びJR奈良駅に戻ってきます。1周30分弱で10分間隔の運転なので、内回り・外回りそれぞれ3台ずつでぐるぐる回っているのが基本のようです。遅れや車両交換などで途中入庫する便もありますが、基本的に終点はなくぐるぐる回り続けています。どのバス停から乗っても1周して同じバス停に戻ってくることができるので安心です。また、市内循環には専用の黄色いバスが使われるのですが、緑と白の通常の奈良交通カラーのバスも使われています。


P1140583.jpg

5系統中循環内回り

中循環は市内循環のショートカットバージョンで、JR奈良駅は通らずやすらぎの道を通ります。内回り(時計まわり)が5系統、外回り(反時計回り)が6系統です。運行本数も少なく、午前中は外回り、午後は内回りだけの運行です。土休日は午前の外回りだけで内回りの運行はありません。市内循環に比べて存在感の薄い中循環です。


P1140571.jpg
P1140614.jpg

ぐるっとバス

ぐるっとバスは奈良公園周辺の観光名所をまわる観光客向けのバスです。通常の路線バスは均一区間1乗車200円ですが、ぐるっとバスは1乗車100円でお得です。平城宮跡・ならまちルートと奈良公園ルートの2ルート設定されていますが、奈良公園ルートのほうはポンチョという小型のバスを使用しています。


P1140527.jpg

97系統春日大社本殿ゆき

97系統は春日大社本殿から、近鉄奈良駅、JR奈良駅、唐招提寺東口、薬師寺東口、近鉄郡山駅を通って法隆寺前まで行く路線です。「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」という愛称がつけられていて、古都奈良と法隆寺という二つの世界遺産を結ぶ観光にも便利かもしれない路線です。とはいうものの、本数は1時間に一本しかなく、距離も長く遅れることも珍しくないという、「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」という愛称にふさわしいのかどうか疑問が残る路線でもあります。奈良公園周辺から法隆寺へ行くにはJRで行くほうが便利です。
 また、今までのバスは黄緑の塗り分けでしたが、このバスは茶色と水色で塗り分けが違います。これは昔の奈良交通のカラーリングを復活させたリバイバルカラーなのです。この色のバスは、主に「奈良・西の京・斑鳩回遊ライン」で運行されています。


P1140588.jpg

70系統春日大社本殿ゆき

70系統は春日大社本殿から、近鉄奈良駅、JR奈良駅、唐招提寺、薬師寺を通って六条山というところまで行く路線です。春日大社本殿まで行くバスは上記の97系統とこの70系統が中心で昼間は合わせて1時間3本です。春日大社本殿停留所は本当に本殿のすぐそばにありますが、参道に入口にも大仏殿春日大社前や春日大社表参道といバス停があり、こちらは市内循環を含めたくさんのバスが通ります。



ぜひクリックお願いします。コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


 | HOME |  古い記事に行く »

 

プロフィール

くりまんじゅう

Author:くりまんじゅう
小さいころから乗り物と地図が大好きです。最初は家のそばを走っていた近鉄電車。今では時刻表に載っている乗り物なら何でもOKです。電車の行先の地名を覚えたのがきっかけで、地図にも興味を持ちました。

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

カテゴリ

【2019年南九州】 (2)
【2019年2月】富山地鉄・新穂高ロープウェイ (4)
【2018年8・9月】中国地方 (7)
【2018年6月】北海道 (9)
【2017年12月】北海道 (3)
【2017年9月】気仙沼・大船渡・石巻・仙石線 (2)
【2017年8月】山陰地方 (3)
【2015年6月】立山黒部アルペンルート (4)
【2014年2月】奈良交通八木新宮特急バス (4)
その他 (1)
その他(2018年以前) (22)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん